審査がゆるい
おまとめローンなんてあるの?

総量規制・・・融資額は年収の3分の1までというルール

すでに他社借入3社の人が、さらに融資を受けようと新たなローン会社に申し込んだけど、融資を断れた場合、総量規制に引っかかっている可能性が高いです。

2010年6月にお金を貸し借りする法律「貸金業法」が改正されたのですが、その時に「総量規制」というルールが導入されました。

総量規制とは「個人の借入総額が、年収の3分の1までに制限される仕組み」のことです。

たとえば、アナタの年収が450万円で他社借入3社の合計が150万円だとしたら、これ以上の融資は受けられないということです。

他社借入3社の合計が100万円だったら、原則あと50万円まで借りられるということです。

もしアナタが総量規制に引っかかっているなら、もうこれ以上の融資は受けられません。

ただし、総量規制には例外項目があります。

それは「おまとめローン」です。例外項目の「顧客に一方的有利となる借換え」に当たります。

おまとめローンとは複数の借入れを1社にまとめることです。

アナタがA社に20万円、B社に50万円、C社に30万円の借入れがあったとしたら、おまとめローンをやっているD社に100万円を借りて、A社とB社とC社に一括返済してしまうのです。

これにより、3社から100万円を借りていた状態が1社から100万円を借りていることになります。さらに新規の融資も申込可能です。

3社から1社にまとめるから「おまとめローン」と言うのです。

おまとめローンといえば、テレビCMでお馴染みの「東京スター銀行」が有名です。

ただし、銀行のおまとめローンなので審査が厳しいだけでなく、審査に時間もかかります。

もし、アナタが大企業に勤めていたり、高収入だったり、それほど急いでいなければ申し込んでもいいと思います。

一方、年収400万未満で急いでいるなら、審査が比較的ゆるい「中央リテール」がオススメです。

なぜ「中央リテール」の審査が比較的ゆるいと言えるかというと、それは単純に知名度が低いからです。

中央リテールはプロミスやアコムといった大手消費者金融と同じ日本貸金業協会の会員ですが、大手ではないので知名度が低いです。

これはどの業界でもそうですが、知名度が低い弱者は強者と同じ戦略はとれません。

東京スター銀行のような強者は客を選べます。

中央リテールのような弱者は強者の審査を断られたお客を相手にするしかありません。

だから、結果的に審査がゆるくなってしまうのです。

その結果、中央リテール他社で融資を断られた人でも融資してもらえる可能性があるのです。

ただし、絶対にウソを付いてはダメです。

年収、他社借入件数、借入総額は正確に伝えるようにしましょう。ウソをついても信用情報を見ればバレてしまうので、正直に申請することが大切です。

おまとめローンの場合は、まとめる金額が多いほどローン会社からしてみると優良顧客なので、借金が多いからと不安になることはありません。

むしろ、小口よりも大口顧客の取引の方が喜ばれます。

また、申込み後の電話には必ず出るようにしてください。電話がつながらない人にお金を貸してくれる会社はありませんからね。

どうしても出られない時に電話がかかってきた場合は、自分から折り返すようにしましょう。

おまとめローンのメリット

おまとめローンの最大のメリットといえば、今まで月に複数回あった返済日が1日だけになることです。

これは大きい変化ですよね。月1の返済なら精神的にもだいぶラクになるでしょうから。

さらに、金利が低くなることがあるということです。

たとえば、中央リテールの金利は10.95〜13.0%です。

ということは、他社借入れの平均金利が13%以上なら、中央リテールでおまとめすれば金利が低くなるということです。

金利が低くなれば、払うべき利息額も減らすことができるので返済もラクになります。

「返済日が月1回になる」「金利が低くなって返済がラクになる」この2つがおまとめローンの代表的なメリットです!

さらに、1つにまとめることで返済計画を立てやすいということもあるかもしれませんね。

おすすめサイト